ナショジオ

                          生物

                          食べておいしい、見て仰天 ハーブの電子顕微鏡写真

                          日経ナショナル ジオグラフィック社

                          2019/3/13

                          ナショナルジオグラフィック日本版

                          サフラン(Crocus sativus)?#26410;皮筏伽?#19968;部(柱頭)(PHOTOGRAPH BY MARTIN OEGGERLI, NATIONAL GEOGRAPHIC)

                          マル?#21305;%?オエゲルリ氏はこれまで昆虫の卵や花粉、?#26118;恕?#34411;の目の顕微鏡写真を撮ってきた。しかし、近年は、香辛料?#34928;欹螗氦?#21521;け、ローズマリーやラベンダー、セー?#28014;ⅴ嘯弗搿ⅴ單榨楗螭勝傘ⅳ勝袱撙韋ⅳ毳烯`ブを撮影している。「地球外生命や異世界を見ているようだ」と話?#25915;ē播毳?#27663;の写真は、植物を見る目を変える。

                          ◇  ◇  ◇

                          科学者でもあるオエゲルリ氏は、「現代のレーウェンフック」と呼ぶべき存在だ。アン?#21435;?ファン?レーウェンフックは17世紀後半のアマチュア科学者。身の周りの細部に深く興味を持ち、?#36259;轆膜欷郡瑜Δ衰楗螗饋ⅴ釬毳榨趣?#33258;宅であらゆる生物を観察した。レーウェンフックの興味は、ミ?#30952;嘯瀝?#37341;やノミの口、果ては自分の精子にまで及んだ。レーウェンフックの興味の対象の一つがハーブだった。黒コショウの実など、台所で使う香辛料を調べたのだ。香辛料がもつ独特の味や香りの源を知りたかったのだろう。

                          オエゲルリ氏は、レーウェンフックが使ったものよりはるかに高性能な顕微鏡で、同じよう?#34928;烯`ブを観察する。同氏は、微小な世界をただ撮るだけではない。実は、電子顕微鏡はモノクロだ。オエゲルリ氏は、写真に色をつけ、強調したり目立たなくしたり調整して、白黒画像では見落?#36259;?#21487;能性のある細部を、赤や黄色で見るものを引きつける。

                          ?#36259;長恧恰ⅰˉ颮`ウェンフックは、コショウの実を水につけて柔らかくし、顕微鏡で観察した。彼はコショウの実の表面には刺激のも?#36259;趣勝?#23567;さな?#21435;菠ⅳ毪韋扦悉勝い?#24819;像していたが、実際に見つけたのはひだのある小さな球だった。

                          しかし、レーウェンフックはもっと大きな発見をしている。コショウの実の横で、小さな物体が動いていた。史上初のバク?#21305;轔ⅳ?#35251;察例と言っていいだろう。香辛料?#26410;?#28608;のも?#36259;?#25506;して、彼は自分でも気づかぬうちに未知の世界への扉を開いていたのだ。

                          現在、黒コショウ?#26410;?#28608;は?#21435;菠韋護い扦悉勝ⅴ豫讠轔螭?#21628;ばれる化学物質が原因?#36259;銫盲皮い搿%豫讠轔螭摔?#27578;虫効果があり、自然界では、コショウ?#25991;兢浹餞?#23455;を食べる昆虫や菌類に対する殺虫剤や虫除けになる。また、人間に食べられるのを防ぐ役割もある。口の中にある熱を感知する受容体に結合して「食べる?#30465;?#28779;傷するぞ」と警告するのだ。しかし昔の人たちは、適切な量なら?#23567;ⅳ長?#29105;をむしろ美味しく感じる?#36259;いΔ長趣?#30330;見した。

                          ナショジオ 新着記事

                          ALL CHANNEL
                          新疆11选5历史遗漏